2018年1月18日木曜日

セルフ姿勢チェック

皆さんこんにちは。佐藤です。

ここ2日間は昼間の外気温も10℃を超え、
暖かい日が続いていますね。

さて、

動かしやすい身体と疲れにくい身体、

痛みのない身体

カロリー消費しやすい身体


これらに共通することは

正しい姿勢であることです。


正しい姿勢とは?


簡単にポイントをお伝えしますと

耳➥肩➥股関節➥膝の中央➥外くるぶし

これらが一直線に揃っていることが望ましいです。


でも

これは1人で確認できないですよね(-_-;)


そこで

1人で簡単チェックする方法です。


壁に踵をつけて自然に立ってみてください。


その時に


踵➥お尻➥肩甲骨➥後頭部


の4か所が自然に壁に当たり

さらに

壁と腰の間に手のひら1枚分の
隙間があることです。


是非

皆さん自分の身体を知ることは大切なので、
1度試してみてくださいね(/・ω・)/


お時間がある方は


ダヴィンチボディボード前と後でそれぞれ
チェックしてみてください(^^♪


既に長くなってしまったので、

次回にチェックした際の結果についてお伝えしますm(__)m


最後までお読みいただきありがとうございます。




👇レッスンを体験したい方はこちら👇

2018年1月17日水曜日

睡眠の効果と質①

みなさんこんにちは 
麻布十番店の野田です。

みなさんは睡眠をしっかりとれていますか?
運動、栄養、休養と言われるように睡眠も身体作りや健康に大切な要素です
私は最近お客様や周りの友人などと話していると

睡眠時間がしっかりとれない
眠りが浅く途中で目覚めてしまう

などの睡眠に関する相談を受ける事があります。
そこで今回は睡眠の【効果】【質】を高める方法についてお伝えしていきます。
  


今回は睡眠の【効果】からです。


成長ホルモンの分泌・・・成長ホルモンが分泌されることで効果としては、筋肉を修復します。脂肪燃焼をします。肌のターンオーバー促す効果があります。
  

免疫力を高める・・・睡眠時には、白血球、赤血球、リンパ液が作られ体の免疫力を高める働きがあります。
  

記憶の整理・・・睡眠中に脳はその日の出来事や学習したことを整理して記憶する働きがあります。


集中力の向上・・・起きているときは脳はフル活動しています。睡眠をしっかりとり、十分に休ませることで、集中力が高まります。
  

ストレスの緩和・・・不安感や不快感などのイライラは、脳が過度に興奮して起こります。睡眠により脳を休ませることで、脳の興奮を抑えて修復します。



様々な効果がありどれも日常生活に欠かせないものとなっています。
特に①成長ホルモンの分泌はダイエットや筋力アップに欠かせないものです!

ですが睡眠をしっかりと取れない日もあると思います。
そこで次回は睡眠の「質」を高める方法をお伝えしていきます。



最後まで読んでいただきありがとうございました!




👇レッスンを体験したい方はこちら👇

2018年1月16日火曜日

正しい姿勢と疲れない身体

皆さんこんにちは。佐藤です。

寒い日が続いておりますが、
皆さん体調はいかがでしょうか?

冬が嫌いな私は、早く春・夏が来てほしいものです( ゚Д゚)


さて、

人の身体は

骨と骨の繋ぎをまたがるようにして

表と裏に筋肉が付いており

表裏の筋肉によるそれぞれの伸び縮みのおかげで関節が動き

身体が動くようになっております('◇')ゞ


しかし、

運動不足や偏った姿勢・日常動作から

筋肉の柔軟性の低下や筋力低下により

関節の動きが悪くなります。


その結果

その関節を動かすにあたり、必要以上の力を要したり

又は

代償動作として他の筋肉の助けを借り動作を起こすことで

疲れやすくなったり、

関節の負担を高める原因にもなります。


そこで


より身体がスムーズに動くようにする為に

川崎店ではダヴィンチボディボードの前に

姿勢を良い状態へリセットをしております。


そうすることで


使うべき筋肉をしっかり動かし、

正しい姿勢で正しい動作が可能になる為


疲れない身体

痛みのない身体

カロリー消費をしやすい身体

引き締まった身体が

手に入るようになります。


皆さん正しい姿勢で正しく身体を動かせていますか?


最後までお読みいただきありがとうございます。


👇レッスンを体験したい方はこちら👇

2018年1月14日日曜日

痩せやすい身体と動きやすい身体

皆さんこんにちは。佐藤です。

先日ブログで紹介した自宅エクササイズを実践し続けて
身体が柔らかくなったとお言葉をいただき嬉しかったです。

このブログの内容が少しでも
皆様にとってプラスになればと思います。


さて、テーマの

痩せやすい身体と動きやすい身体について
別々の身体であり、別々の運動が必要と感じると思います。


しかし


動きやすい身体になれば自然に痩せやすい身体になります。


なぜなら


身体は動かすことを前提に作られているからです。


身体を動かさなくなったり、

ある特定のレッスンだけでは


筋力は低下し、柔軟性、持久力など

あらゆる体力レベルが落ちていきます。


その結果


猫背・反り腰などの姿勢不良、

それらの要因からの腰痛・肩こり。


疲れやすさから、あまり動かなくなり

体重増加・体型の乱れ。


代謝低下による冷え性などなど。


どんどん身体の不のスパイラルは大きくなります。


さらに放っておくことで


呼吸システムも崩れ、

自律神経が乱れたり、呼気がしっかりできず

身体が酸性に傾き、


その結果

健康・体調不良を起こしやすくなるなど。

身体の内部の不のリスクも高くなります。


つまり、


身体が動けるというのは(動きの質)

関節の負担も少なく、動作の制限もなく、
動き続けても疲れにくい、長く動ける分カロリー消費も大きい。


これはスポーツをされている方だけのものでなく、

ダイエットや健康維持、運動不足解消、ストレス発散

全ての方に当てはまるのです。


今後特に


AIなどにより便利な社会になるにつれ、生活活動は楽になりますが、
健康面については、更なる自己防衛が必須です。


だからこそ、


ダイヤモンドフィットネス川崎モアーズ店では

姿勢を整え、身体をマイナスから0に戻し、

その後ダヴィンチボディボードで多種多様な

動作を行い、動けるプラスの身体を作っていきます。



痩せやすい身体と動きやすい身体にしませんか?


最後までお読みいただきありがとうございます。









👇レッスンを体験したい方はこちら👇

2018年1月13日土曜日

いつスタートするの?

皆さんこんにちは。佐藤です。

1月もスタートして、もう2週間経ちますね。
個人的には様々あり、1ヶ月くらい経過した気分です。


さて、
題名について、


「いつスタートするの?」


って言ったら、

ちょっと前の流行語で


「今でしょ」


とありましたね(^^♪



よくお話の中で


「もう少し筋力をつけたらレッスンに参加します。」

「もう少し体力をつけたらスタートします。」


このようにお話を受けることがあります。

ただ上記の判断はNGです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


それでは、いつになっても参加できませんよ( ゚Д゚)



なぜなら


トレーニングの原則には【特異性の原則】というのがあります。


これは、

トレーニングしたようにしか身体が変わらないということです。


例えば


筋力アップする為にランニングを選択しても
筋力アップしません。


ダイエット目的でストレッチだけしていても
痩せることはできません。


つまり

目的達成に向けて、必要不可欠なエクササイズを
選択し行うことです。


多少体力がついてから参加するよりも
今すぐに参加することが目的の早期達成に繋がります。


ダイヤモンドフィットネスで提供しているレッスンに
初級・上級のクラスはありません。

ですので、参加することが早すぎるなんてありません。


今参加するのをためらっているレッスンがあるなら
即参加してみてくださいね('◇')ゞ


初回から簡単に、そして疲れずにできるレッスンはありません( `ー´)ノ


最後までお読みいただきありがとうございます。




👇レッスンを体験したい方はこちら👇

腸腰筋を鍛えてお腹ポッコリを解消!

皆さまこんにちは!
麻布十番店の矢本です(^O^)

先日、初めてダイヤモンドフィットネス元町中華街店に行ってきました!
初めての店舗はやはり緊張しますが、、(-_-;)
元気いっぱいの皆さまにご参加いただき楽しく刺激的なレッスンをさせていただきました♪
ありがとうございます。


さて、今日はポッコリお腹解消のお話です!

タイトルにもありますが、腸腰筋を鍛えるとお腹が凹むのです!!!


腸腰筋とは??




















股関節深部に位置する筋肉群で、『腸骨筋、大腰筋、小腰筋』を総称した筋肉を指します。※小腰筋は持っていない方もいます。
上半身と下半身を繋いでいる大切な筋肉で、運動時だけではなく、姿勢の維持、普段の歩行など、常に使われている筋肉です。
※もちろん他の筋肉も大切ですが(^^;)
高齢になり、歩けなくなる1つの原因としてこれらの筋力低下も挙げられます。


腰筋の筋力低下や、固まってしまい正常な動きができないと、正しい姿勢が保てなくなります。

顎が前に突き出し猫背になり、お腹に脂肪がつきやすくなる
背骨がフラットになり、椎間板へ負担がかかりすぎて腰痛を発症してしまうことも


動きとしては股関節の屈曲に影響するため、歩く・走る時に足を前に出す力が弱くなるので足が上がらず転んでしまったり(何もないところで躓いてしまう人は要注意!)、座ったり、立ったりする時にも踏ん張れずによろけてしまったりなど、普段の生活にも影響を及ぼします。

逆にこれらの筋肉をしっかり鍛え、活性化してあげることでいつまでも元気に健康的な体を維持できると言っても過言ではありません。
そしてなんと言ってもポッコリお腹の解消になるのですから~!!!
鍛えなければ損です^_^

では、腸腰筋に効果的なトレーニングは?

筋トレもたくさんあります。

が、、、

効果的な方法を皆さまはご存知ですよね?



『UBOUND』


そう、その通り!



トランポリンです!!



体幹で上体を安定させ、足を下にプッシュすることで股関節の動きを高めます!
それにより腸腰筋が鍛えられるのです!!

下半身だけではなく、体幹を鍛え、ポッコリお腹解消に効果的なトランポリン♪

是非、股関節の動きを意識して参加してみてくださいね(^○^)


お客様の中には体重はもちろん、
1.5か月でお腹周りが6cmも細くなった方もいます!


LET’s CHALLENGE!

一緒に頑張りましょう!(^^)!


最後までお読みいただきありがとうございます。




👇レッスンを体験したい方はこちら👇

2018年1月11日木曜日

たんぱく質の「質」

皆さんこんにちは
麻布十番店の野田です
本日はたんぱく質の「」につていお伝えしたいと思います。
恐らくたんぱく質の「」については聞く機会が多くあると思うので、今回はあえて質についてお伝えします。
結論からお伝えすると「」判断するのに重要なのが「アミノ酸スコア」の数値です。
アミノ酸スコアにつていお伝えするの当たって

1.たんぱく質について
2.アミノ酸について
3.必須アミノ酸について
4.アミノ酸スコアについて
5.アミノ酸スコアの食品例

という順でお伝えいたします。



1.たんぱく質について
たんぱく質は筋肉や血液、皮膚、髪の毛、爪、ホルモン、酵素のもととなる重要な栄養素です。そしてアミノ酸の集合体がたんぱく質です。



2.アミノ酸について
自然界には500種類ものアミノ酸があります。そのうち人体をたんぱく質を構成するアミノ酸は、約20種類あり、体内でつくられないアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。



3.必須アミノ酸について
成人は8種あります(リジン、トリプトファンなどなど)
必須アミノ酸は、どれか一つでも不足していると、不足しているアミノ酸のレベルしか利用できないのです。つまり他のアミノ酸は全て無駄になってしまいますのでバランス良くアミノ酸を取ることが大切です。

(例)リジン50、トリプトファン100、その他アミノ酸180といった食品の場合。
リジン50、トリプトファン50、その他アミノ酸50のレベルでしか利用されないのです。


4.アミノ酸スコアについて
食材に含まれるタンパク質の中で、体内で作り出すことができない必須アミノ酸が含まれる割合を示す数値です。100に近いほど良質なタンパク質です。

(例)リジン50、トリプトファン100、その他アミノ酸180といった食品の場合。
アミノ酸スコアは50となります。


5.アミノ酸スコアの食品例


卵・・・・・100
牛肉・・・・100
鶏肉・・・・100
豚肉・・・・100
魚類・・・・100
大豆・・・・100
プロテイン・100
チーズ・・・92
うに・・・・82
はまぐり・・81
あわび・・・68
玄米・・・・68
白米・・・・65
食パン・・・44
シリアル・・16


アミノ酸スコアは、質の良いタンパク源を知るために非常に重要な数値です。
タンパク質を上手に摂るために、アミノ酸スコアの高い食材を摂ること。または、アミノ酸スコアが低い食材でも、それを補う食材と組み合わせて食べることで、アミノ酸スコアを向上させることができますので、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございます。



👇レッスンを体験したい方はこちら👇